左脳を使った新しい速読法

時間がない方必見!左脳を使って空いた時間に効果的に速読を身につける

英文の速読が可能なわけ

2012年5月31日 | 未分類 | コメント非表示

英文をイメージ化をする方法で速読すると、どうしても速読では

なくなりかえって効率が悪くなってしまいます。

日本字が英文を読む時には、読んだ英文の英単語を日本語に置き換えて

そこから文に直していきます。

イメージ化の速読ですと、英文でのイメージ化がきでも、そこから日本語

に置き換えるというとになり効率が悪くなります。

しかし、英文も速読をすると良いと言われます。

これは右脳を活かしたイメージ化する速読法ではなく、左脳を活かす速読法

となります。

右脳型速読というのは斜め読みや飛ばし読みをしたりイメージをしていく

のに対し、左脳型速読というのは情報処理をする働きがあるためです。

文字の情報については左脳が働いているので、左脳型速読は

左脳の働きはスピードアップします。

そのため、理解や覚えることが早くなれば、おのずと身になる

速読ができるというわけなのです。

言葉にしても計算にしても、問題文を読む力にしても、今以上の力

を身につけることができれば、左脳型は英文の速読も可能になるのです。

左脳型速読を身につけて英文や語学の勉強を短期間でマスターできるように

なりたと思いませんか?

  ↓↓

ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ
モテない男性必見 恋愛成功の秘訣

15 / 30« 先頭...510...15...202530...最後 »

▲ ページトップへ