左脳を使った新しい速読法

時間がない方必見!左脳を使って空いた時間に効果的に速読を身につける

速読は記憶力アップにいい

2012年5月24日 8:31 PM | 未分類 | コメント非表示

速読することで記憶力がアップするとよく言われますが、

本当のところはどうなのでしょう。

右脳型の速読というのは、イメージ化していくのでイメージが

記憶に残ることになります。

たしかに、イメージで記憶に残すのは良いかもしれません。

しかし、どんなものでもすべてイメージできるでしょうか?

イメージしやすいものとしにくいものがあり、論文などになれば

イメージができなければ記憶に残らなくなってしまうのです。

となると、イメージするだけでは難しくなります。

脳の中で処理をする場所があるのは右脳ではなく左脳なのです。

文章や言語を理解したり、計算をする場所は左脳です。

理解してインプットしていく力があるのは左脳型速読となるのです。

この違いが「記憶をする」ということに大きな違いが出るのです。

したがって、速読をするというのも右脳と左脳には違いがあるので、

ただやみくもに速読をしても記憶力アップにいいとは言えないのです。

勉強や資格など多くのことに記憶力を活用したいというのであれば、

効果を発揮するのは「左脳型」です。

しっかりと記憶力をアップしたいのであれば、自分にはどんな速読法

が必要かをきちんと理解しておく必要があります。

記憶力アップにいい左脳型速読で効果を発揮しませんか?

  ↓↓

ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ

コメントは停止中です。