左脳を使った新しい速読法

時間がない方必見!左脳を使って空いた時間に効果的に速読を身につける

専門書の暗記なら左脳を使う速読

2012年6月12日 6:01 PM | 未分類 | コメント非表示

専門書は難しいくなかなか読み進められない…

そう思っている人も多いかもしれません。

ですが、このような専門書を読むには左脳型速読がベストです。

右脳はイメージするときに使いますが、

左脳は思考や分析など難しいことを考える時に使います。

文章を処理をするのは左脳で、速読によって脳にインプットしていきます。

そのため専門的な哲学書だったり、専門用語の詰まった資格を

取得するための参考書などは、左脳を使う勉強法が最適といえるのです。

一般的に有名な速読は右脳型速読であり、イメージ化する速読法です。

したがって右脳型速読では、専門書の場合はイメージすることがとても難しいため、

記憶できないこともあります。

ですので、一般的な速読、いわゆる右脳型速読では専門書を読む意味がなくなってしまうのです。

左脳型速読であれば、本来持っている力をアップしていくだけなので、

難しく考えることも、頭が悪いからと諦めてしまうこともありません。

今もっている左脳の力を多いに活かしていきましょう。

難しい本の理解と暗記に苦しんでたら左脳型速読をオススメします。

  ↓↓

モテない男性必見 恋愛成功の秘訣
ゴルフスイング上達 まっすぐ飛ばして飛距離とスコアをアップ

コメントは停止中です。

▲ ページトップへ